S660 「Dotty」シートカバーの取り付け

S660にDotty(ダティ)のシートカバーを取り付けました。

高い質感のSS-PVCレザー

シートカバー素材には本革や合成皮革(ごうせいひかく)が使用されますが、Dottyでは合成皮革の中でも、より上質で本革に近いSS-PVCレザーを取り扱っています。

スーパーソフトPVCレザー(SS-PVC)

本革を凌ぐ柔らかでソフトな手触りを持った合成皮革。
特殊な表面加工「バキュームエンボス加工」により半永久的に表面のシボパターンが劣化しません。
また、特殊表面コートにより傷が付きにく、しっとりとした質感です。四方に収縮性があり、搭乗者の体を柔軟に包み込みます。

出典:Dottyホームページ

もう1台にはClazzioの本革シートカバーを取り付けていますが、やはりPVCレザーと比べると質の差が大きいです。

そんな時、SS-PVCレザーが気になりDottyさんにサンプルをいただきました。

現物を比較すると、SS-PVCレザーのほうがPVCレザーよりもシボが深く厚みを感じます。

これなら本革でなくとも良さそうです。

色も豊富で、アロマワインやキャメルなど個性的な色も選べます。

デザインは内側がパンチング仕様になるユーロスタイルの「LUXUR-SPOLT」を選択。

S660に取り付け

オーダー後の納期連絡では1.5ヶ月~2ヶ月とありましたが、1ヶ月ほどで届きました。

開封!

2シーターなのでカバーも4枚と少ないです。

縫製は非常にしっかりしており、手触りも本革と遜色ないです。

クッションの厚みも十分なもの。

共通の取付説明書・S660用の取付説明書・ヘラが同梱されていました。

純正シートに取り付けていきます。

シートベルトガイド用の穴も正確に空いています。

マジックテープとプラスチックフックで固定して完成です。

フィッティングは正確でシート形状にピッタリ。

S660はサイドサポート形状が大きく側面にほんの僅かのたるみが生じますが、ほとんど気にならないレベルです。

両席の取り付けが完了。

ライトタンのドアライニングパネル・助手席ソフトパッドの組み合わせ。

キャメルはブラックインテリアとも合います。

まとめ

SS-PVCは表皮の質感が高く、本革にも劣らない印象です。

S660はシートの占有率が高いので内装の質感が一気に高まりました。

良い点

・SS-PVCの高い質感

・ほぼ完璧なフィッティング

・クッション性の向上

・迷ったときはサンプルで確認できる

注意したい点

・S660では着座位置の上昇が気になる(シートレールステーで解消)

シートカバーは各社優れていますが、Dottyさんのシートカバーも非常に出来が良いです。

スポンサーリンク