見難いルームミラーモニターの改善

S660は後方視界が悪いためリアカメラ映像を常時ルームミラーモニターに映しています。

しかし、昼間は映り込みが酷く見難いので、市販のノングレアフィルムを使って改善しました。

ルームミラーモニターの欠点

一般的なモニターと異なり未使用時はルームミラーとしての機能するため、モニター部の表面もミラーになっています。

矢印がモニター部分

これがグレア液晶と同じ状態になり、特に日差しが強いときは映り込みが強く非常に見難い状態となります。

照度を高くすると若干改善しますが、映像全体が白っぽくなってしまいます。

ノングレアフィルムで軽減

モニター部をグレアからノングレア(アンチグレア)にすれば、映り込みを低減させることができますので、スマートフォン用のフィルムを利用します。

100円ショップで販売されている汎用のフィルム。

非光沢仕様を使用します。

モニターの大きさに合わせて切断しますが、通常のカッターよりもロータリーカッターがおすすめです。

刃を押し付けて回転させながら切断しますので、簡単で切断面もキレイに仕上がります。

ルームモニターの形状にもよりますが、表示部が正方形でない場合もあります。

採寸・型紙で十分に確認してから切断すると失敗しません。

貼り付けた状態。

未使用時のミラー性能も確保されます。

効果は高く日中の視認性がかなり改善します。

照度も通常設定で十分でした。

まとめ

車両周囲の確認は凝視よりも一瞬の方が多く、この一瞬で必要な情報を得るとなると見易さの改善は効果が高いです。

通常のモニターでも、グレア液晶で見難い場合はノングレアフィルムを貼ることで改善されます。

スポンサーリンク