TOMICA No.13 NISSAN GT-R NISMO GT500

日産のSUPER GT参戦マシン「NISSAN GT-R NISMO GT500」がラインナップされました。

NISSAN GT-R NISMO GT500

「NISSAN GT-R NISMO GT500」は、NISSAN GT-R NISMOをベースとしたSUPER GT参戦用のマシンです。

画像:nissan.co.jp

SUPER GTとは、市販車をベースに競技専用車両に改造した自動車レースのことで、前身は1994年にスタートした「全日本GT選手権:JGTC」です。

2005年にFIA(国際自動車連盟)公認の国際レースとなり、名称も「SUPER GT」に変更されました。

レースで使用する車両は規定の違いで「GT500」と「GT300」の2クラスに分けられます。

GT500クラスは高性能GTカー(Grand Touring Car)を使用しており、トヨタ(LEXUS)・日産・ホンダの3社が参戦しています。

GT300クラスは自動車メーカー以外(レーシングチームやチューニングショップ)のチームが多く参戦しています。

画像:nismo.co.jp

トミカ版のNISSAN GT-R NISMO GT500のモデルとなっているのはベース車両で、MOTUL AUTECH GT-Rのような鮮やかなカラーリングとは対照的なマットブラックのボディです。

スポンサーの「MOTUL(モチュール)」はフランスの潤滑油・カーメンテナンスケミカルメーカー。

画像:nismo.co.jp

複雑なエアロの造形はシャシー一体型で再現されています。

ウイングは安全性を考慮しつつ、実車の形状を再現しています。

テールライトはレッドのみで塗装されています。

左ハンドル・コックピットも緻密に再現。

レギュラーモデルということもあり、タンポ印刷以外は付属のシールを貼ります。

トミカ NISSAN GT-R NISMO GT500を改造

サスペンションのギミックは無く、車軸をボディとシャシーで挟んで固定しています。

標準車高の状態でも十分に低いです。

フロントは色差しで情報量をアップ。

GT500クラスは規定でヘッドライトが白(透明)となります。

これは塗装で再現されているのですが塗装がはみ出ているため、縁取りをしてメリハリをつけています。

テールライトの中央が省略されているので追加しました。

タイヤのサイドウォールにはミシュランのロゴマークが入っていますが、スペースが細いため色での再現としました。

シールは余白をカットして貼りました。

下地色が透けてしまうことと、粘着力が弱くボンネットの凸で浮いてしまうのが難点です。

クルマは良いですがレギュラーモデルだけに、一部シール貼りとなるところが惜しいです。

今後、この金型をベースとしたバリエーションが出ると予測されますが、フルタンポ印刷のプレミアム版の登場を期待したいところです。

スポンサーリンク