スチールホイールのドレスアップ

純正ホイールカバーをつや消しブラックに塗装しましたが、隙間から見えるスチールホイールのデザインと重なり、どうも重たい感じに見えます。

なら、いっそのことホイールカバーを取り外して、スチールホイールのみにしてみました。

ホイールカバーを外しただけでは貧相なので、センターキャップ追加とナット交換をします。

一部の純正部品はネットでも購入ができます。

センターキャップも取り扱いがありました。

純正スチールホイール用のセンターキャップは「44732-***-***」で始まる品番です。

品番:44732-SAA-000

ホンダ・エムブレムの周りに枠のある最新デザインです。

価格は高めですが、材質は金属で表面処理がメッキ・塗装と作りがシッカリしています。(アクティ用はメッキのみですが、その分価格も安いです)

ハブ径は56mmに適合します。

ホイールへの固定は4か所の突起で。

スチールホイール+ホイールカバーの組み合わせでは貫通ナットのため、アルミホイール用の袋ナットに取り替えます。

ホンダ純正のアルミホイールやスチールホイールは、ナット座面が独自の球面形状になっているので純正を使用します。

純正ホイールナットは「08W42-***-***」で始まる品番です。

純正にもブラックタイプがあります。

ホイールナットを目立たなくさせるには、ブラックタイプ使うのも有りです。

(各車種に設定されていますが、S660の品番は「08W42-TDJ-000」)

画像:honda.co.jp

センターキャップの装着は押し込むだけでは無理なので、キズが付かないように布の上からプラや木製ハンマーなどで叩いて嵌め込みます。

センターキャップ+純正袋ナット装着すると足元が引き締まります。

センターキャップとナットのメッキがアクセントに。

ホイールも艶出しさせました。

エアロレス+ローダウン仕様にスチールホイールを組み合わせると…意外と似合いますね。

これは13インチですが、14~15インチのスチールホイールもあるのでインチアップも可能です。

スポンサーリンク