ネットでETC車載器を購入~取り付け

ライフにETC車載器を取り付けました。

本体・セットアップ込み品をネットで注文し取り付けします。

セットアップ費用込み価格

ETCは車両情報を記録させるためのセットアップが必要となります。(セットアップ費用は一般的に、2,500円~3,000円)

ディーラーやカー用品店で依頼をすると、本体+セットアップ+取り付けで合計12,000円~15,000円ほど掛かります。

一方、ネットショッピングでは、本体+セットアップ費用込みで、6,000円台とかなり安く購入することができます。

画像:Rakuten.co.jp

注文後、申込用紙が郵送されてきます。(メールやFAXでも対応可)

必要事項を記入し、車検証と免許証のコピーを同封して返送します。

数日して本体が届きました。

メーカーは信頼の古野電機です。

本体・アンテナ・電源ケーブルのセット。

電源接続はアクセサリー電源のみで、常時電源への接続は不要です。

ETCの取り付け

アンテナをフロントガラスに貼り付けます。(ダッシュボードに置くことも可能)

ケーブルはルーフライニングの隙間に入れて、Aピラーまで配線していきます。

Aピラーパネルを外し、ダッシュボード下まで配線。

本体はステアリングコラム右側のポケットに取り付けます。

配線を通すためにドリルで穴開け。

本体を仮置きして位置確認。

本体の全長が短いためキレイに収まります。

配線はアクセサリー電源のみ。

以前にドライブレコーダーの取り付けで使用した、アクセサリーからのヒューズ電源を分岐させて接続。

マイナスはボディーアースします。

ヒューズ電源を分岐して接続

本体の位置までアンテナと電源ケーブルを取り回して配線をまとめておきます。

(アンテナケーブルは細かく束ねないように)

配線を通して本体に接続。

カプラを取り付けたら付属の両面テープで本体を固定します。

内装パネルを元に戻して完成。

まとめ

セットアップ書類のやり取りで数日間必要になりますが、取り付けをDIYすれば費用を半額以下で済ませることができます。

機能もシンプルで十分なものです。

スポンサーリンク