旧車カタログ トヨタ・カローラレビン(AE10系)

コレクションから、トヨタ・カローラレビン(AE10系)のカタログ(1994年発行・後期モデル)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

車名のレビン(LEVIN)は「稲妻」の意味。

FFコンパクト・スポーツカーとして、姉妹車の「スプリンター・トレノ」と共に生産されました。

エクステリア

先代よりもボリュームが増したボディは軽快さと引き換えに高級感を高めました。

GT-APEXのAPEXとは「頂点」の意味。

スーパーストラット・サスペンションや4A-GEエンジンなど、FFコンパクトスポーツの頂点としての意味があると思います。

スーパーチャージャー搭載の「GT-Z」

クーペの雰囲気を楽しむ「SJ」

90年代はバンパーを境とした2トーンカラーの設定が多かったです。

インテリア

上位モデルにはMOMOステアリングやレカロシートのオプション設定もありました。

当時のカローラシリーズはソフトパッド採用や凝った造形など、クラスを超えた質感の高さが特徴でした。

メカニズム

搭載されるエンジンは4タイプ。

4A-GEは、20バルブ化、VVT(可変バルブタイミングシステム)を採用し、パワー・扱いやすさ・燃費を向上させています。

・4A-GZE・1600㏄(170㎰)

・4A-GE・1600㏄(160㎰)

・4A-FE・1600㏄(115㎰)

・5A-FE・1500㏄(105㎰)

ABSはGT-Z、GT-APEX(SSサスペンション装着車)が標準装備で、それ以外はオプション。

エアバッグは全車オプション設定でした。

ラインナップ

主力の「GT」系とスタイル重視の「SJ」

最廉価の「S」はエアコンレス(オプション扱い)でした。

主要諸元表

主要装備一覧

スポンサーリンク