3M両面テープでメッキモールを補修

JCライフの持病であるフロントグリル上部のモール固定部破損。

経年劣化で破損しやすく、最悪は走行中に脱落してしまいます。

自車も固定部が数か所破損してグラついていましたが、新品は12,000円と高額なので補修をすることにしました。

3M・業務用両面テープ

モール固定部は高さが15mmもあるので厚い両面テープを重ねて固定しますが、一般的な両面テープでは厚みが1mm前後と薄くて重ね合わせも大変です。

そこで、3Mの3mm厚の自動車用両面テープを使用。

これなら5枚を重ねると、ほぼ同じ高さになります。

取り外したモールの固定部分はすべてカットします。

3Mの両面テープは純正エアロにも使われていますので性能は折り紙付き。

自動車用として耐候性に優れているので外装部品にも安心して使えます。

「業務用」とありますが普通にAmazon等で購入可能です。

オートアフターマーケット用として種類が多く、厚みは最大4mmまであります。

画像:amazon.co.jp

両面テープの重ね貼りで固定

厚くても弾力があり、貼り付け面への追従性も良好です。

厚いので高さを確保することが簡単。

モール上部にはエプトシーラーを貼り付け。

エプトシーラーは、水の侵入防止・隙間埋め・振動吸収と多目的に使えるので用意しておくと何かと便利です。

両面テープを固定部の高さに合わせて重ね貼りします。

厚みがあるため少ない枚数で高さが十分に確保できます。

元から貼ってあったエプトシーラーも劣化していたので新しいものに貼り換え。

洗浄・脱脂をして貼り付けます。

接着力が強力なのでモール程度では落ちることもありません。

(念のためモール下部もフロントグリル部で支えるように貼り付けてあります。)

スポンサーリンク