エンジンオイル添加剤を使ってみた

多種多様なオイル添加剤が販売されています。

これらはクルマのメンテナンスでは重要なものではなく積極的に使っていませんでしたが、年式が古く距離も走っているクルマなのでオイル交換と一緒に投入してみました。

モリドライブのオイル添加剤

購入したのは、ルート産業さんの「モリドライブ エンジンコート ガッツ」

多走行車向けのエンジンオイル添加剤です。

液化モリブデンを配合したエンジンオイルやオイル添加剤を日本で初めて一般市場に発売したパイオニアメーカーのオイル添加剤です。

効果としては、エンジン内のカーボンやスラッジの除去やシリンダー内のコーティング。

オイル添加剤投入と効果

オイル交換後にオイル添加剤を投入します。

先端が細く勢いよく出るので、ゆっくりと傾けます。

心配ならペットボトル容器で「じょうご」を作ったりすると良いです。

投入後は5分程度アイドリングを実施。

投入直後は目立った変化を感じられませんでした。

ですが、その後2~300km走行していくうちに加速時の3,000回転辺りまでの高音ノイズが抑えられた音に変化するを体感できました。

軽自動車なのでエンジン音が大きいのもありますが、これは違いがハッキリと感じ取れました。

トルクアップや燃費向上といったものは体感レベルまでは分かりませんでしたが、少なからず効果はあるのだと思います。

まとめ

正直、添加剤の効果は体感し難いと思っていましたが、エンジン音の違いが体感できたのは意外でした。

投入した分、多少なりとも効果は有るようです。

添加剤は劣化した状態を改善する目的なので効果は限定的ですが、価格も手頃なのでクルマへの労りとして+αの気持ちで入れるのも良いかと思います。

スポンサーリンク