S660 “ミニ”センターディスプレイの取り付け①

S660購入時には純正オプションのセンターディスプレイを装着しませんでした。

今回リアカメラを装着するに際し、純正よりも一回り小さい、“ミニ”センターディスプレイを取り付けました。

取り付け準備

取り付けで使用したものは下記のものです。

・ビートソニック 5インチモニター(DPM2)

S660はキャビンが狭いので、圧迫感の少ない小型モニターを選択。

純正の6.1インチに対して、5インチと一回り小さいですが、解像度は純正と同じ800×600(WVGA)と高画質です。

映像はAV入力とカメラ入力の2系統があり、カメラ入力はリバース信号に連動して自動で切り替わります。

本体の厚みは1.6mmとスリム。

スタンドは取り外し可能で、同梱のアタッチメントを使用すると別売りのビートソニック製の各種ホルダー・スタンドが装着可能です。

・ビートソニック Q-Ban kit

付属スタンドではディスプレイの位置が高いため、ボールジョイント可動の低いスタンドに交換。

スタンドを取り外し、付属のアタッチメントと組み合わせた状態。

・データシステム HDMI→RCA変換アダプター(HDA433)

モニター(DPM2)のAV入力にはHDMIを計画してるため、HDMI→RCA(アナログ)に変換するアダプターが必要となります。

この手は激安品も多数ありますがハズレも多いようなので、メーカー品を選ぶほうが安心です。

HDA433は付属品(主に配線)によってパッケージが幾つかありますが、今回は電源ケーブルのみ付属のシンプルなものを選択。

本体は手のひらサイズでコンパクト。

・エーモンUSB電源ポート

HDA433はUSB電源(5V)のため、接続にはエーモンのUSB電源ポートを使用。

2015081401

・ホンダ純正HDMIカバー

センターディスプレイ非装着車はAUXとUSBが装備されています。

このAUXをHDMIに変更するために純正のカバーを注文しました。(センターディスプレイ装着車用)

ホルダーASSY HDMI&USB(39115-T4N-H01 712円)

2個が連結されているタイプです。

個別タイプもありますが、インパネの形状に合ったものを取り付けました。

各ケーブルは脱落防止のため専用カプラーで固定されます。

・ホンダ純正HDMIカバー 専用HDMIケーブル

純正HDMIカバーには専用形状のHDMIケーブルが必要になります。

メス側はカバー形状に合わせたロック機構付き形状。

※類似形状で「HDMI・タイプE」がありますので注意が必要です。

カバーにケーブルを固定した状態。

上下のツメでケーブルがロックされます。

・RCAケーブル

HDA433から映像・音声を出力するのに必要なケーブル。

音声はAUX入力に接続するので、3.5mmステレオミニプラグを使用します。

“ミニ”センターディスプレイの取り付け②へ続きます。

スポンサーリンク