多機能な1DIN・DVDメインユニット carrozzeria「DVH-570」  

スポンサーリンク

車載用のDVD再生機として、1DINタイプのcarrozzeria「DVH-570」を使っています。

これにリアモニター「TVM-W910」を組み合わせていますが、なかなか使い勝手の良いデッキです。

希少な1DINタイプ

2012年発売のDVH-570は、その後モデルチェンジすることなく継続販売されています。

かつてはKENWOODやPanasonicなど、国内メーカー各社が手掛けていた1DINタイプのDVDプレーヤーも、現在ではcarrozzeriaのみとなってしまいました。

現在はナビや2DINマルチメディアオーディオなどのモニター内蔵モデルにDVD再生機能があるため、1DINタイプのDVDプレーヤーは需要が少ないかもしれませんね…。

2015090632

使いやすさはcarrozzeriaならでは

左側に操作系を集中させたデザインは、carrozzeriaの1DINオーディオと共通です。

アンプやオーディオ機能も内蔵しているので、DVD再生以外にも通常のオーディオとしても十分な性能です。

2015090633

各キーの操作割り当て。

2015091601

画像:pioneer.jp

リアの端子です。

左側:アンテナ・ステアリングリモコン用端子

右側:リア/サブウーファー用音声出力、音声入力、5.1ch用の光デジタル出力

映像は出力・入力が各1系統あります。

2015090634

複数のモニターで映す場合は、映像分配器を使用します。

2015090620

データシステム「1入力3出力映像分配器 LTD002」

DVD、オーディオ共通のリモコンが付属します。

リモコンの操作性は良いですが、受光部がフロントパネルに内蔵されているため、設置の自由度は限られてしまいます。

本体は、純正ステアリングリモコンのアダプターに対応しています。

2015090635

イルミネーションは常時点灯式でブルーとレッドの2色が選択可能です。

照度は強めですが、2段階のディマー機能があるので照度を少し落とすことができます。

2015091309

2015091311

右側にはUSBとAUXがあります。

USBは供給電流が1Aあるので、充電用としても使えます。

AUXは映像入力にも対応していますので、ビデオカメラなどからの映像入力も可能です。

2015091312

もちろん、iPod/iPhoneコントロールもできます。

映像出力を利用して、プレイリストをモニター表示することも可能です。

2015092104

光学ドライブはDVDの他に、VRモードで録画・編集したDVD-R(1・2層)/RWにも対応していますので、地上デジタル放送やBSデジタル放送を録画した番組も再生できます。

2015091313

本体のディスプレイは英数表示のみなので、DVDの詳細設定はモニターに映して行います。

2015091310

フロントパネルは取り外しが可能です。(取り外すことはありませんが…)

2015091314

充実したオーディオ機能

オーディオ単体機としても、中堅モデルと同等の性能を持っています。

主要機能は

・圧縮オーディオを高音質再生する「アドバンスド・サウンド・レトリバー」

・バーブラウン社製、高性能D/Aコンバーター

・Power MOS FET パワーアンプ(50W×4ch)

・高域/中域/低域の調整が可能な3バンドイコライザー

・プリセットイコライザー(5パターン)

・小音量だと聴こえにくい低音と高音を強調する「2モード・ラウドネス」

映像・音声のRCA入出力や光デジタル出力を備えているので、サブウーファーや5.1chといったシステム拡張も可能です。

2015091602

画像:pioneer.jp

便利なのが、RCAでの音声出力でもボリューム連動やイコライザー、ラウドネスのエフェクトが使える点です。

純正ナビの外部入力でも迫力ある音声で再生されます。

2015091218

実用的な動画再生機能

DVH-570ではディスクやUSBメモリに保存した動画ファイルを再生することができます。(DivXでのエンコードが必要)

解像度は当方で調べたところ、最大700×394程度まで再生可能でしたので、機能としてはFH-780DVDと同等のようです。(後継モデルのFH系では再生機能の性能が落ちてしまっています)

出力がRCA入力なので画質は多少粗くなりますが、リアモニター用としては実用的な解像度です。

関連記事:DVH-570での動画再生方法

まとめ

1DINサイズでDVD再生できる貴重な1台ですが、USBやAUXも付いているので、オーディオ用途でも十分使えます。

USBの動画再生については、変換の手間は掛かりますが、実用的な再生能力を備えていますので、リアモニター用の再生機としても最適です。

良い点

・USBでの動画再生も可能(要変換)

・オーディオとしても十分使える高音質機能

・1DINでオーディオとDVDの両方が内蔵されている

・オーディオ中堅モデル並の実売価格

注意したい点

・映像入出力は各1系統のみ

・リモコン受光部の延長は不可

・Bluetoothは非搭載

欧州車など、1DINしかないクルマでも、1台でオーディオとビデオの両方が扱えるのもメリットですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。