カーオーディオ用の超小型USBメモリを更新

カーオーディオで使用している、超小型USBメモリの調子が悪くなってきたので新しくしました。

装着時の突起が小さいコンパクトサイズなので、フロントUSBタイプのカーオーディオにはピッタリです。

同じく超小型USBメモリを購入しましたが、以前よりも小型になっています。

更に小さく、短く

2012年に購入して3年間ほぼ毎日使用してきましたが、曲飛びやエラーが出てくるようになったので新しいものに。

同じエレコム製にしようと思ったのですが、同品は既に廃盤となっており後継モデルはMacBookに合わせたシルバーのみ。

カーオーディオの本体色に合わせたかったので、SanDisk製の16GBを購入しました。

2015092717

キャップを取り付けた状態。

紛失を予防するストラップホールが本体にあります。

2015092718

大きさを比較すると、SanDisk製の方がスリムで全長も短いです。

ただ、スリムな反面抜き差しは若干し辛いですね。常時挿しておくなら気になりませんが。

2015092715

前から見ると大きさの違いがハッキリと分かります。

エレコム製も購入時は「小さいなぁ」と感じましたが、SanDisk製はさらに上をいく小ささです。

2015092716

ノートPCに並べて装着してみると、大きさの違いがハッキリしますね。

2015092714

カーオーディオに装着

エレコム製も小さかったので見た目の劇的変化はありませんが、従来と同様にスリムなので突起は全く気になりません。

アクセス時はLEDランプ(赤色)が点灯します。

動画も少し入れるため16GBにしましたが32GBとの価格差が小さいので、カーオーディオが対応しているなら32GBの方がオススメです。

2015092720

反対側から。

2015092721

まとめ

最近は純正でもフロントにUSB端子を装備しているクルマも増えています。

これだけ短ければ突起も気にならないですし、万が一身体が当たって破損することもありません。

USBメモリも安くなりました。32GBでも実売は2,000円以下で購入できるので、容量の多いものを選べば動画も多く保存できます。

関連記事:カーオーディオには超小型USBメモリが便利

スポンサーリンク