Hondaスマートキーの電池交換

スポンサーリンク

ほとんどの新車に標準装備されているスマートキーシステム。

従来のキーシリンダーに比べ、ワンタッチでエンジンスタートができる便利な装備ですが、その分電池の消耗は早く、約2年で寿命となることが多いです。

電池の交換方法は取扱説明書にも記載があり、ユーザーでも簡単に交換することが可能です。

交換手順

使用する電池は各スマートキーにより異なり、取扱説明書に記載があります。

Nシリーズのスマートキーは「CR1632」のリチウム・ボタン電池です。

2016040202

2016040203

カバーに傷が付かないようにコインに布などを巻き、上部のくぼみから上下に分割させます。

2016040204

分割した状態。

2016040205

新旧電池を入れ替えます。

2016040206

あとは戻して終了。

スイッチは付いていませんが、下にN-BOXのパワースライド・ドア用基盤が見えます。

基盤は共通のようですね。

2016040207

電池を廃却する際はショート(短絡)による発火を防止するため、ビニールテープなどで絶縁して廃棄をしましょう。

2016040208

電池が切れてしまったら

スマートキーは従来のキーレスエントリーとは異なり、常時車両と通信動作をしているため、電池の消耗が早めです。

取扱説明書にもあるように、約2年間が電池寿命のようです。

2016040324

N-WGN 取扱説明書より

もし電池切れになってしまっても、下記の手順で行えばエンジン始動が可能なので、知っていると安心ですよ。

2016040323

N-WGN 取扱説明書より

まとめ

電池は切れる前の交換が何かと安心です。

点検時に交換するなど、交換サイクルを決めておけば忘れ難くなりますし、簡単なので自分で交換すれば電池代のみで済みます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。