車載に便利な「折りたたみコンテナボックス」

ラゲッジスペースを有効活用できるコンテナボックスは何かと役立ちますが、未使用時にかさばってしまうのが欠点です。

しかし、折りたためるコンテナボックスを使用すると欠点が解消されます。

折りたたみコンテナ

ラゲッジ用ボックスではRVボックスが定番ですが、未使用時にラゲッジスペースを占領してしまうのが難点です。

常時荷物を入れて置くなら良いのですが、積みっぱなしとなると邪魔になる場合も。

一方、コンテナボックスとは製造業に欠かせない容器で、メジャーなところでは「サンコー」や「岐阜プラスチック」、「トラスコ中山」などがあります。

中でも折りたたみコンテナボックスは、輸送効率を高めるため未使用時に折りたたむことができます。

業務用は地味なイメージがありますが、トラスコ中山には家庭用にも適したカラフルなスケルトンカラーがあります。

画像:amazon.co.jp

カラーだけでなく、容量も20L~50Lと豊富。

今回は軽自動車用として20L(A4ファイルサイズ)を購入しました。

組み立ては簡単で、上部を持ち上げると中折れした側面が開きます。

もう一方の側面を下ろします。

これで完成。

フタを開けたところ。

スケルトンカラー以外にも、JR貨物やNERV、特車二課仕様といったコラボ製品なんかもあります。

車載でのラゲッジスペース比較

ラゲッジスペースに置いてみました。

ミニバン(ステップワゴン)での比較。

大きな荷物を積む際は、邪魔になる場合もありますが…

折りたためるとラゲッジスペースをほとんど占領しません。

また、薄いのでシート間に置く事もできます。

軽自動車(N-WGN)での比較。

特にラゲッジスペースが狭い軽自動車は、かなりのスペースが占領されてしまいますが…

折りたためるとコンテナを降ろさなくても大丈夫。

20Lならラゲッジ下の収納にも入ります。

まとめ

コンテナボックスがあると多く積載することができますし、汚れたものを積んだり、買い物など多目的に使えます。

しかも、折りたたむことでラゲッジスペースへの影響を最小限にすることができます。

20Lサイズなら軽自動車の狭いラゲッジスペースでも置けますし、普通車であれば更に容量の大きいものでも大丈夫です。

(水分を大量に含んだものは、隙間から漏れることもあるので注意が必要です)

スポンサーリンク