ソフト99「布シートクリーナー」レビュー

布シート(ファブリックシート)の清掃では掃除機掛けのみだと汚れを落とすのは難しいです。

しかし、本格的なクリーニングではバキュームクリーナー洗浄やシート表皮を外しての丸洗いになり費用や手間・難度も高くなります。

またシート表皮は内部のウレタンに接着されている部分もあるので簡単に剥がすことができません。

見た目の汚れが少なければ布シートクリーナーを使うことで、掃除機掛けのもうひと手間で汚れを効果的に落とすことができます。

ムースタイプのシートクリーナー

ソフト99の布シートクリーナーを使ってみます。

スプレーするとムース状になり汚れを浮かせる仕組みで、その後拭き取るだけの手軽さもあります。

拭き取り用で布を2・3枚用意しておきます。

キャップ先端のプラスチック製ブラシはシミ汚れをこすって浮かせるためのもの。

シートに直接吹き付けます。

直後は大きな泡になりますが1~2分程で泡が無くなってくるので布で表面を拭き取ります。

メーカーHPの紹介ビデオです。

一見キレイに見えるシートでも、座面一枚拭き取ってみるとこれだけ汚れていました。

一本では軽自動車だと余りますが、普通車やミニバンでは丁度使い切れる容量です。

まとめ

シートは常に身体に触れている部分なので汚れも蓄積されやすいですが、こうしたケミカルを使えば清掃時に表面の汚れを落とすことができます。

しかし簡易清掃になるので中古車購入時や長期間未清掃、シミや汚れが酷い場合は一度専門業者に徹底洗浄してもらい、その後の維持にケミカル用品を使用するのが良いかと思います。

スポンサーリンク