S660 スマートフォン・ポータブルナビ用スタンドの自作

ビートソニックからS660専用スタンド「QBD32」が発売されています。

これにアタッチメントを装着することで、スマートフォンやポータブルナビなどを固定することができます。

画像:beatsonic.co.jp

2DINオーディオスペースを持たないS660には非常に便利なものではありますが、スタンドとホルダーを組み合わせると結構な金額になってしまうのがネックです。

そこで、ホームセンターの金具を使用してスタンドを自作してみました。

Q-Banキットと組み合わせ

ベースとなるスタンドは、ホームセンターで販売されている金具を組み合わせます。

固定はM3のボルト。

先端には「QBL6」を取り付け。

QBL6は両面テープのみでも固定できますが、重さによっては穴を空けてボルト固定する方が良いです。

ポータブルナビ側に合うアタッチメントを取り付け。

スタンドとソフトパッドが干渉する部分にはエプトシーラーを使用。

QBL6だと200g程度(スマートフォンや5インチのゴリラ、バッテリー非内蔵の7インチナビ)が限度で、それ以上の重量ですと揺れがひどくなってしまいます。

大きなものを固定するにはQBL5を使用するのが良さそうです。

スマートフォン用ホルダーを組み合わせ

スマートフォン用ホルダーは、Seriaで見つけたものを使用。

可動部がボールジョイントなので角度調整が自由にでき、使い勝手が良いです。

分解してボールジョイント部分を台座から切断。

スタンドに合わせて穴あけ。

切断部や穴あけで表面に傷が付くので、#600→#1000で仕上げて、コンパウンドで磨いています。

ボルトで固定して完成。

取り付けた状態。

スマートフォンをセット。

こちらもソフトパッドとの干渉部分にはエプトシーラーを貼り付け。

ボールジョイントなので、縦・横の固定や微調整も簡単です。

まとめ

Q-Banキットを使用すると制作費は上がりますが、豊富なアタッチメントで汎用性が高くなります。

一方、100円ショップのホルダーを使用すれば、材料費は約500円と安価に製作することが可能です。

スタンドを工夫すれば、QBD32のように純正ドリンクホルダーとの共存も可能かと。

スポンサーリンク