iPhone5s バッテリー&液晶パネルを交換

iPhone5sのバッテリーと液晶パネルをDIYで交換しました。

長らく第一線で活躍してきましたが、長年の使用でバッテリーは新品時の半分以下まで劣化し、液晶は落下でガラスにヒビが入ったりとボロボロの状態。

こんな状態でも他の機能は正常ということもあり、市販の補修パーツを使って延命することにしました。

補修パーツを購入

iPhoneの補修パーツは純正ではありませんが、バッテリーと液晶パネルともにネットで購入することができます。

購入に際してはレビュー評価の高かったものを選びました。

バッテリーはiPhone5s専用を、液晶パネルはオリジナル液晶の再生品を選択。

工具セット品ですが、価格からすると充実した内容です。

詳細な取付説明書が同梱されています。

液晶パネルはiPhoneオリジナル液晶を国内で再生したものだそうです。

ガラスパネルとデジタイザが一体型になっていますので、ホームボタンとインカメラを付け替えます。

交換作業

同封の説明書に沿って分解・交換していきます。

ガラスパネルが割れているので、テープで補強してから開封。

ホームボタンと液晶パネルのケーブルを外すと分解できます。

苦労したのが両面テープで固定されたバッテリーを本体から取り外す作業で、バッテリーを変形しすぎたり穴を開けたりしないように慎重に行います。

両面テープの端を引っ張って剥がす方法が記載されていますが、これが全然取れずに途中で切れてしまいます。

説明書には側面から外す方法が記載され、専用工具も付属していたので何とか取り外せました。

本体に残った両面テープをキレイにします。

交換用バッテリーを付属の両面テープで取り付けて…

ケーブルを戻して完成。

液晶パネルはオリジナルからホームボタンとインカメラ、保護パネルを付け替えます。(手順はネットの情報を参考にしました)

一緒にホームボタンの奥に溜まった埃もキレイに。

フラットケーブルが薄くて細いので切断しないように…。かなり気を使います。

元に戻して電源を入れると…アップルマークが点灯。

安堵で緊張が解ける瞬間です。

バッテリーをチェックしてみると、「完璧」の表示と規格通りの容量を表示しています。

まとめ

バッテリーに続いてタッチパネルをチェックをしてみましたが、表示や操作性・反応とも純正と遜色がなく違和感もありませんでした。

iOSのアップデートによる影響も無さそうで、外観・機能ともに復活し延命をすることができました。

ネジや部品が非常に小さくケーブルも細いため、紛失・断線に注意しながらの作業には集中力と器用さが必要です。

電子工作やプラモデル製作などの経験があれば、割とスムーズに進むと思います。

iPhoneは修理情報やパーツが豊富なので、DIYにチャレンジしてみる価値はありますが、appleの保証や修理対象外機種となるため、全て自己責任となります。

スポンサーリンク