軽自動車用ベンチシートクッション レビュー

シート座面の汚れやスレ防止にクッションを敷いてみました。

カー用品では一般的な汎用シートクッションです。

軽自動車用ベンチシートクッション

探してみると軽自動車用のベンチシートクッションはあまり種類が無いのですが、ボンフォームから販売されています。

運転席側が専用設計になっていて、通常形状のクッションを助手席側で組み合わせるとベンチシートに合わせた形状になります。

材質は表面がメッシュ生地で中身は低反発クッションになっています。

このタグを座面と背もたれの隙間に挟むことでズレ防止になります。

汎用サイズだが良好なフィッティング

ライフへ実際に敷いてみました。

汎用サイズですが中央部までカバーできていて、シートベルトキャッチャーも隠れません。

運転席側から見た状態。

運転席側は助手席に敷いた通常サイズでも使えますが、専用形状だと中央部までカバーできるので見た目も良いです。

注意したい点はシートリフター調整が座面のみ上下する車種ですと、リフターの位置次第で隙間が大きくなりズレてしまいます。

(リフターでシート全体が上下する車種は問題ありません)

その場合はリフターで座面を上げるとシッカリと挟み込むのでズレなくなります。

N-BOX(JF3)に取り付けてみました。

ライフよりもシートサイズが小さいのでピッタリです。

中央部も合わせたかのようにピッタリ。

まとめ

低反発の感触は薄いですが座り心地は特に問題なく、ズレ防止がシッカリ挟まっていれば乗り降りでズレることはありません。

汎用サイズですが軽自動車のシートサイズは各社大きさに違いが少ないようなので幅広く使えると思います。

なお、標準サイズは普通車でも大丈夫です。

ヴェゼルに取り付け

スポンサーリンク