N-WGN 面発光LEDルームランプの取り付け

定番ですが、ルームランプ(ルームライト)をLEDに交換しました。

標準の電球では暗いし、色も黄色でパッとしないのでシャープな光のLEDに。今では純正アクセサリーでも採用されているので身近なパーツになりました。

2015100901

明るい面発光LEDがオススメ

購入したのはエーモンの「面発光フラットLED」でホワイトとブルーの2色があります。

一般的なLEDルームランプだと光が粒になっていますが、面発光LEDだと均一に光るので発光ムラがありません。

LED14灯分なので、かなり明るいはず。

2015100905

2015100906

N-WGNのルームランプのソケット形状はT10ウェッジベース。

レンズの取り外し方法は取扱説明書に記載されています。

2015100902

他にも両口金タイプもありますので、ほとんどのルームランプに対応できます。

2015100909

2015100910

本体と両面テープが入っています。

2015100907

裏面はアルミプレートになっていますので、ルームランプの金具に触れてショートさせないように注意が必要です。

2015100908

ソケットにはコネクタが付属しているので、配線加工が必要となります。

2015100911

本体とソケットをコネクタで接続します。

もし、本体側のコードが長ければ調整してからコネクタを接続します。

2015100912

取り付け

最初に、前車のスモールライトで使っていたウェッジバルブタイプLEDを取り付けてみました。

2015100903

純正と比べれば明るくなりますが、難点は光が広がらず左側に集中してしまうことです。

装着は簡単ですが右側が暗い状態になり、バランスの悪い配光です。

2015100904

続いて面発光LEDを装着。

奥行きがあるのでコードは奥にまとめておけます。本体裏に両面テープを貼り固定。

2015100917

点灯チェック。

昼間でも明るいです。

2015100915

レンズを戻して完成。

2015100916

夜間に点灯してみると…非常に明るい!

純正バルブとは雲泥の差。

2015101001

真っ暗な状態でも、ルームランプだけでここまで明るくなります。

2015101002

もし点灯しない場合は…

交換後にルームランプが点灯しない場合は、ヒューズが切れいる可能性が高いです。

この場合、プッシュスタートスイッチを押してもエンジン始動ができません。(緊急始動方法として、スマートキーをスイッチに接触させて押すと始動できます)

ルームランプには常時電源が流れているので、バッテリーを外して作業したほうが良いです。

エンジンルーム内の14番ヒューズ(バックアップ)を確認します。

2015100920

2015100921

こんな感じに切れていますので、ヒューズを交換して通常通り作動すれば大丈夫です。

(もし、正常に作動しない場合はディーラーで確認してもらいましょう)

2015100918

まとめ

本体が小さいので明るさはどうか?と思っていましたが、面発光LEDは想像以上に明るいです。

ルームランプが明るくなると、夜間に車内確認するのに便利です。

良い点

・本体はコンパクトだが非常に明るい

・価格も手頃(実売価格で合せて1,500円程度)

注意したい点

・背面がアルミプレートになっているのでショートに注意

(バッテリーを外すと安心です。付属の両面テープを貼るなどの絶縁処理も忘れずに)

・ソケット形状に合せたアダプターが必要

スポンサーリンク