リアバンパーの穴加工(パラシュート効果低減)

パラシュート効果の低減を狙って、リアバンパーに穴(ダクト)加工をしてみました。

パラシュート効果とは

クルマでの「パラシュート効果」とは、走行時に車体下部を流れる空気がリアバンパー内部に入り込み、大きな空気抵抗を発生させる現象のことを言います。

ドラッグレース等ではゴール直後にパラシュートを開きますが、ブレーキだけでは短時間で減速が出来ないため空気抵抗を利用します。

これは、NHRAの動画ですが、左側のマシンはゴール直後にパラシュートが開かないアクシデントが発生し、十分な減速が出来ずにサンドトラップまで行ってしまっています。

時速300km超のマシンを直ぐに減速させられる、パラシュート効果の凄さが良く分かります。

リアバンパーに穴加工

走行中、クルマは常に空気抵抗を受けていますが、リアバンパーが大きなクルマはパラシュート効果の影響が大きいです。

特にパワーの小さい軽NAには不利なので、バンパーに穴を開けて空気抵抗を軽減させます。

ライフのバンパーには前オーナーが付けたキズがあります。

このキズを除去しつつ、バンパー内側に滞留する空気を排出させるための穴を加工します。

バンパーを外したら養生テープを使って位置決め。

十分な効果が得られるよう大きめに開けます。

ジグソーの刃を入れる穴を四隅に開けます。

ジグソーを使って切断。

バンパーはPP(ポリプロピレン)と柔らかい材質なのでサクサク切れます。

切断面を#320で整えます。

直角だとモールが浮いてしまうので左右にRを付けます。

缶スプレーのキャップで型取りしました。

切断部分に取り付けるU字モール。

ホームセンターで切り売り品を購入しました。

バンパーはかなりの厚みがあり、そのままではU字モールが差し込めないため薄く削ります。

PPは粘っこいので、最初はヤスリをカンナの要領で使い削ぎ落とす感じで。

ある程度削ったら整えます。

厚みの比較。

丸の部分が加工後ですが、かなり薄くなりました。

削る部分は角度を付ける(テーパー形状)のがポイント。

こうすることで、バンパー表面側のモールが密着して見た目がキレイになります。

U字モールを取り付けます。

バンパーとモールの固定にはPPに対応した接着剤を使います。

コニシボンドの「ウルトラ多用途SU」を使用。

バンパー裏側とU字モールの間を接着します。

付けすぎると表側にはみ出るので注意しながら。(はみ出た場合はシリコンオフで拭き取ればキレイになります)

バンパー裏側をテーパー面にしたことで、表側がキレイに密着しています。

モールの継ぎ目も、切断面を真っ直ぐにすれば目立ちません。

網は園芸用の鉢底ネットで代用。

グルーガンで外周を固定。

そのままでは接着力が不足するのでアルミテープで補強して完成です。

穴からボディが透けて見えるため、シャーシブラックを塗ります。

バンパーを戻して完成。

まとめ

デザイン的には微妙な感じはしますが、効果は体感できました。

具体的には、加速時に感じる後方の重い感覚が改善された感じです。

デザインをもう少し工夫して、ハニカムメッシュにすればスポーティになりそうです。

スポンサーリンク