KYBローファースポーツ+ローダウンスプリング装着

中古で購入したライフの足回りを交換しました。

足回りの改善

ライフはそのキャラクターから、乗り心地を重視した非常に柔らかい足回りです。

しかしながら、個人的にはフワフワした乗り心地(悪く言えばグニャグニャ)やカーブでの踏ん張りの弱さが好みではありません。

また、経年劣化の状態を確認してみるとアッパーマウントのヘタリによって、リバウンドストッパーが浮いてしまっています。

リバウンドストッパーが浮いた状態

スカスカ

標準状態の改善とリフレッシュを兼ねて交換をします。

KYB「ローファースポーツ」

ローダウンして重心を下げます。

スプリングのみを交換すればコスト安ですが、バランスを考慮してショックアブソーバーも専用品を導入しました。

装着するのは、ローダウンスプリングに適したショートタイプのKYB「Lowfer Sports:ローファースポーツ」

設定車種が豊富で、純正も手掛けるKYBならではの信頼性もあります。

画像:kybclub.com

そして、組み合わせるスプリングはエスペリアの「スーパーダウンサス」

純正形状のフロント。

アッパーマウント類は純正を流用します。

リアにはブッシュが装着されています。

ローファースポーツ+ダウンサス装着

取り付けをしました。

黒一色の足回りが華やかに。

フロント

リア

車高の変化です。

こちらが純正の車高。

ローファースポーツ+エスペリア・ダウンサス装着後の車高。

カタログ値はフロント・リア共に4.2~4.7cmのダウン量ですが、ほぼカタログ値通りに下がりました。

フェンダーとタイヤのクリアランスは指2本が入らない程度。

フロント

リア

アッパーマウント・リバウンドストッパー等も新品に交換しました。

この部分はカウルトップから流れてくる水が溜まってしまう構造なので、このままの状態だと再びネジ部が錆びてしまいます。

カバーを被せるため、100円ショップでアルミトレーを購入。

簡易的ですが水除け用カバーとして使用します。

アルミ製なのでリバウンドストッパーの形状に合わせて側面を潰して固定できますし、エンジンルーム内の高温にも耐えられます。

まとめ

見た目のダウン量に反して乗り心地は良好です。

カーブでは車体の傾きが抑制され、ステアリング操作が安定しました。

従来は純正ショックアブソーバーにローダウンスプリングを組み合わせていましたが、エスペリアのようにダウン量の大きいスプリングだと乗り心地に影響が出ることもありました。

ローファースポーツと組み合わせでは、適度な硬さを感じつつも乗り心地が極端に低下しないので、4cm前後のローダウン時は同時装着をおすすめします。

スポンサーリンク