ヘッドライトをウレタンクリアでDIY塗装【施工経過状況】

ヘッドライト劣化をウレタン塗装補修してから1年が経過しました。

多少の劣化は想定していましたが、結果として施工当時から目立った劣化は感じられず高い透明度を維持しています。

抜群の耐候性

ヘッドライトはポリカーボネート製のため、通常のウレタン塗料ではクラック発生の恐れがあるので専用品を使用しました。

施工時の状態

1年経過後の状態

ライフ(JC1)はウインカー部分が上部にあるので劣化に不利な形状ですが、ここも目立った劣化は感じられず。

高い透明度を維持しています。(クリックで高解像度版)

手軽さか耐候性か

最初は「3Mヘッドライト・レストアキット」を使用しましたが、耐候性は半年~1年です。

改めてウレタン塗装の耐候性の高さが分かりました。

ヘッドライトコーティングの補修方法は難易度・手間・耐候性と一長一短なので、事情に合わせた施工をするのが良いと思います。

スポンサーリンク