格安インクジェットプリンター Canon「PIXUS・iP2700」

スポンサーリンク

最近のプリンタは複合機が主流ですが、コピーやスキャナー機能を特に必要としない場合は、単機能のプリンタで十分だったりします。

Canonのインクジェットプリンター「iP2700」は、純正インクカートリッジ並みの価格で購入できる超格安の単機能プリンターです。

文書を印刷する必要があったため購入してみました。

プリンター付きインクカートリッジ

プリンタは本体価格を抑え、消耗品のインクカートリッジで利益を出すビジネスモデルでありますが、これはプリンター付きインクカートリッジと呼べるほどの低価格。

純正インクカートリッジを購入するなら、本体を買い替えたほうが安いほど…。

今時の機能は全く付いていませんが、印刷だけなら十分そうです。

2016011701

amazonでは、ポイントを含めて3,000円以下

届いた物は、とても3,000円台とは思えない品物。

USBケーブルが付属していませんので、一緒に購入しました。

2016011602

色はブラックのみ。

地味ですが、安物感はあまり感じられません。

コストダウンのためでしょう。排紙口にトレイが付いていません。

2016011603

エムブレムのアップ。

2016011611

スイッチは右側。

2016011605

背面にUSBと側面に電源ケーブル端子があります。

2016011608

プリンタ側のUSBはタイプB。

2016011609

本体にはUSBケーブルが付属していないので、別途用意する必要があります。

2016011613

2016011614

iP2700の付属品一式。

インクカートリッジはブラック・カラー共に付属しています。

2016011612

カバーを開けた状態。

2016011606

インクカートリッジは、ブラックとカラー(一体型)の2カートリッジ方式。

カラーはタンク容量が小さく、何れか一色が終わってしまうとカートリッジ毎交換になってしまうので、独立カートリッジよりも経済性が劣ります。

ただし、カラーインクが終わってしまっても、空カートリッジを装着しておけば、ブラックだけでも使用は可能です。

また、Canonはインクカートリッジにプリントヘッドノズルがあるため、カートリッジを交換する度にヘッドが新しくなる反面、価格が高くなってしまいます。

プリントヘッドが本体にあるエプソンとは逆ですね。

2016011607

設置~ドライバーのインストール

B5ノートPCとの大きさ比較。

本体の外形は445mm(横)×250mm(縦)×130mm(高さは用紙サポートを格納した状態)と、複合機と比較すれば省スペースです。

2016011615

電源・USBケーブルを接続して、プリンター用ドライバーをインストール。

ドライバーはとアプリケーションソフトはCanon・HPからダウンロードできます。

2016011601

印刷画質は十分

印刷品質は低価格機とは思えないほど良いです。

純正インクは、ブラックが顔料系、カラーが染料系。

ブラックは顔料系インクを使用しているため文字の滲みも少なく、普通紙への印刷でも高品位です。

カラーは染料系インクなので、写真やイラストは専用紙を使用すれば綺麗に印刷できますが、インクの消費量が多めなので大量印刷には不向きな印象。

少量の文書やHP印刷、年賀状、宛名程度であれば十分です。

印刷時の騒音は標準的で、静かではありませんが、安いからといって他機種より劣っている印象もありません。

まとめ

本体のコストパフォーマンスは非常に良いのですが、純正のインクカートリッジが高いので時々しか使わない方向けの機種だと思います。

印刷量が多ければ、上位の独立カートリッジ方式やエプソンを検討したほうが良いです。

単機能・価格重視の機種なので、その辺の割り切りが必要です。

良い点

・格安だが、印刷画質は良好

・カラーインクが切れても、ブラックインクのみで印刷可能

注意したい点

・カラーカートリッジが一体型なので効率が悪く、高い

・大量印刷には不向き

・特別な機能は一切なし

少量のモノクロ印刷なら、おすすめできるプリンターです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。