TOMICA PREMIUM No.11 NISSAN・スカイライン GT-R V-SPECⅡ Nur

スポンサーリンク

プレミアムシリーズで発売されている日産 R34「スカイライン・GT-R V-SPECⅡ Nur」

先行発売の 「NISMO GT-R Z-tune」と同様にプレミアムらしい仕上がりです。

日産・スカイライン・GT-R V-SPECⅡ Nur

R34スカイラインは1998年5月にフルモデルチェンジしましたが、GT-Rは8ヶ月後の1999年1月に発売。

2002年の生産終了直前には、ファイナルモデルとして「V-SPECⅡ Nur」と「M-SPEC Nur」が各500台限定で発売されました。

トミカ・プレミアムでは、No1.の「NISMO Z-tune」に続いてのGT-Rのリリースです。

2016060301

プレミアムモデルはディスプレイ向けとして、ホイールがオリジナルに近い造形となっていること、塗装やデカールなど細部がレギュラーモデルよりも細かく仕上がっています。

2016060302

リアも緻密に再現されています。

2016060303

R33よりスリム化されたボディ。

2016060304

レギュラー仕様(栄光のGT-Rセット品:Z-tune仕様)との比較。

ホイールの違いがクルマの雰囲気を大きく変えますね。

2016060305

フロント

レギュラーモデルは単色仕上げのみ。

2016060306

リアも細部塗装されています。

2016060307

2016060308

トミカ・GT-Rを改造

プレミアムモデルは細部塗装されていますが、もう少し細かく仕上げました。

フロントはバンパーサイドのダクトが塗られていないのでブラックで。

ヘッドライトは車体色が透けていたので、一度取り外してガンメタリックで塗装。

2016060309

リアはマフラーの中心を黒塗りに。

2016060312

標準よりも少しローダウンさせています。

2016060310

内装はシートを塗装。

ドアオープンのギミックはリアリティが増します。

2016060315

スカイライン GT-Rとしては最後となるR34。

CMのキャッチコピーは「人に翼を」でしたね。

2016060316

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。