TOMICA No.58 Honda シビック タイプR

5代目シビック タイプR(FK8型)がトミカにラインナップされました。

ホンダ・シビック TYPE R

2017年にセダン・ハッチバックと共に登場した5代目(FK8型)「シビック タイプR」

先代(FK2型)と同様にイギリス生産モデルですが、先代が750台の限定生産モデルだったのに対し、こちらは通年購入が可能なモデルとなっています。

画像:honda.co.jp

トミカ版シビック タイプRのレギュラーモデルのボディカラーは定番の「チャンピオンシップホワイト」

エアロパーツがシャシーと一体型になっていて、カーボン調を樹脂パーツ成型で再現しています。

リアウイングは別パーツで、エムブレムも前後しっかりと再現されています。

全体の塗装仕上げは先代と同様に個体差が大きい印象です。

トミカ・シビック タイプRを改造

細かな塗装が多々省略されているため追加をしていきます。

フロントはボンネットとバンパー左右のダクト・フォグライトを塗装。

グリルのエムブレムはレッドをアクセントにしています。

オリジナルは腰高なのでローダウンとフェンダー内を塗装。

バンパー中央から左右に広がる大型ダクトがワイド感を強調するデザイン。

リアはバンパー中央部および左右のダクト、反射板、マフラーを塗装。

ハッチバックの大人しいリアデザインを一変させる大型ウイング。

内装も実車を参考に塗装。

先代(FK2型)との2ショット。

先代はボンネットの開閉ギミックがあるため、フロントに厚みが出てしまっていますが、今回はギミックを廃してデザイン優先に。

2台ともスケールは1/64。

比べてみるとデザインの違いがよく分かります。

ディテールに拘った新型はミニカーながらも迫力が伝わってきます。

スポンサーリンク