S660 リアスピーカー出力の追加

S660には標準でリアスピーカーが装着されていませんが、純正オーディオからはリアスピーカー信号が出力されています。

配線加工が必要となりますが、リアスピーカー出力があるとシステムアップに便利です。

純正オーディオの取り出し

オーディオ用の24ピンカプラに配線を追加するため、純正オーディオを取り外します。

シフトレバー奥のトレイを取り外します。

手前はクリップ固定、奥は差し込みです。

βはシフトブーツを外しシフトノブを回すと外れます。

シフトブーツはシフトノブに結束バンドで固定されているため、シフトブーツごと一緒に回します。

シフトノブ周辺を取り外した状態。

全てクリップ固定です。

センターパネルもクリップ固定なので、隙間から全体を浮かせてからエアコンユニットとハザードスイッチのカプラを外します。

純正オーディオの一部が見えますが、この状態ではまだ取り外せません。

左側にスライドさせて抜き取るので、次にグローブボックスを取り外します。

グローブボックスのストッパーを一段手前に引き出し、フタを下げます。

左右のカバーを外すと見える固定ネジを外します。

上側のネジを外します。

エアコンのダクトとジャバラホースを外します。

ジャバラホースは引き抜くだけ、ダクトは左側のネジを外して、奥側(センターコンソール側)から斜めに抜き取ります。

ダクトはこのような形状になっています。

純正オーディオは非常に狭いスペースに固定されており配線も短いので、メインの24ピンカプラは事前に外しておくと作業が楽です。

(ロックを押し下げてレバーを引くとカプラが抜けます)

オーディオを固定しているナットを外します。

接続されているカプラを外しながら純正オーディオを抜き取ると、ようやく24ピンカプラにアクセスできます。

リアスピーカー用の配線加工

標準状態ではリアスピーカーの配線が無いので、それぞれに追加をします。

ホンダの24ピンオーディオカプラはJAE(日本航空電子)のMX34シリーズなので、対応するコネクタ(メス側・F025-MX34-JAE-F1)を使って配線を作成。

※コネクタ(ファストン端子)はギボシ端子よりも細いので、対応する電工ペンチでカシメます。

カプラの左右にあるツメを押しながら上にロック(黒いプレート)を解除したら、作成した配線を挿入してロックします。

(コネクタの挿入では上下を間違えないように注意します)

これでリアスピーカー信号が出力されます。

フロントスピーカーから分岐せずに信号を取れるので、ツィーターやウーファーなどシステムアップが容易になります。

スポンサーリンク