マグカップに直接ドリップ 象印コーヒーメーカー「EC-TC40」レビュー

コーヒーメーカーを新調しました。

5年ほどPanasonicのコーヒーメーカーを使っていましたが、専らマグカップへの直接ドリップなので1人分が淹れられるコンパクトな機種に変えることにしました。

2016101907

象印コーヒーメーカー「珈琲通」

マグカップへの直接ドリップと手軽さを考えての購入条件です。

①ドリッパーが別体

②コンパクト

③購入しやすい価格

探してみると、象印のコーヒーメーカー「EC-TC40」が条件に当てはまりました。

一般的なコーヒーメーカーデザインです。

実売で3,000円以下の低価格モデルですが、浄水フィルターが標準装備されています。

給水タンクは取り外しできません。

逆にタンクセットミスでの水漏れ(他のコーヒーメーカーで経験)、マグカップ分を直接入れることによる水余りの心配がありません。

低いドリッパーと組み合わせ

今回の用途は付属のドリッパーを使用せずに、マグカップに直接淹れることです。

一般的なドリッパーを使うと高くなりすぎてしまい、コーヒーメーカーにセットができません。

そこで、低背タイプのカリタ「カフェトール」を購入。

高さが抑えられており、一般的なドリッパーの約半分です。

3穴でコーヒーが溜まりにくい構造。

ろ紙は指定品以外に、100円ショップの1~2人分が使えます。

実際に使用するマグカップは直径80mm・高さ80mmの大き目サイズ。

パッケージには適用外形として60mm~100mmと表記されていますが、実際は直径80mmでギリギリの印象。

接触部がフラットなので若干の不安定感があります。

直径が小さいマグカップは、窪み加工を入れると良さそうです。

コーヒーメーカーにセットした状態。

マグカップが大き目なので、セット時は少し斜めにして置きます。

ろ紙をセット

お湯の出る速度とドリップ量のバランスが良く、溢れることはありませんでした。

電源は自動で切れませんが、ランプが点灯するので切り忘れしません。

まとめ

通常の使い方とは異なりますが、マグカップへの直接ドリップができました。

スイッチON→お湯の出てくる時間が早いので準備から3分程度で飲めます。

「水を入れる→お湯を出す」の基本機能だけですが、1人分を時間と手間を掛けずに飲むには十分で、さらに付属のドリッパーを使えばより多くの量が淹れられるため一石二鳥です。

【追記】

ドリッパーが不安定なので、マグカップに嵌るように加工しました。

ニッパーとカッターで加工して最後に#300にペーパーで切断面を整えました。

安定感は抜群になり高さも低くなったので、コーヒーメーカーにセットし易くなりました。

スポンサーリンク