UNITEK「SATA-USB3.0変換アダプター」レビュー

HDDデータコピーやSSDのクローン作製など、大容量データのやり取りが多い時に便利なのがSATA-USB変換アダプター。

その都度SATA端子に接続するのは非効率的なので用意しておくと便利です。

SATA-USBアダプター 外部電源対応の有無

SSDやHDDはサイズが2.5インチと3.5インチの2種類があります。

2.5インチはUSBバスパワーで動作しますが、3.5インチHDDは外部電源が必要となりますので使用するストレージに合わせてSATA-USBアダプターを選ぶ必要があります。

主流は2.5インチですが、私は3.5インチHDDも使っているので外部電源対応モデルにしました。

この手はOEMもあり種類が多いのですが、Amazonで評価の高かった「UNITEK」製を購入。

調べてみたら、PC周辺機器を販売している会社でした。

付属品一式。

USB3.0ケーブルは機能自体問題ありませんが、太いのでしなやかさに欠けるのがネック。

ケーブル側のUSB端子は、USB3.0 MicroB(3.0)タイプ。

ストレージ接続側は、一般的なSATA端子+電源一体型コネクタ。

データ転送

PCに接続してデータコピーしてみました。

3.5インチHDDはACアダプター給電がないと動きません。

速度はHDDに影響していますが、大きな落ち込みも無くデータ転送自体は安定しています。

SSDのクローン作製も問題なく転送できました。

まとめ

頻繁に使うものではありませんが、大容量データの取り扱いでは非常に役立ちます。

転送速度が安定していたので製品としては良いと感じました。

3.5インチHDDを接続するのであればACアダプター付きが必須です。

スポンサーリンク