コンパクトで使いやすい 無印良品「オーブントースター・縦型」

スポンサーリンク

無印良品のオーブントースター・縦型(MJ‐OTL10A)を購入しました。

オーブントースターは横型を持っているのですが、焼くのは食パンや餅などの小さいものばかり。

小さいものを焼くのに大きいトースターはスペースが無駄なので、省スペースの縦型を追加しました。

縦型と横型を使い分け

オーブントースターは縦型と横型の2種類があります。

従来より使用していた横型は幅42cmですが、この横型は幅23cmと半分ほどの設置面積で済みます。

2015070901

縦型のメリットは設置面積が小さい点ですが、焼けるものは限られてきます。

大きいピザやグラタン皿は大きさによっては入りません。

頻繁に焼く食パンなどは常設した縦型を使い、横型は必要な時にだけ棚から出して使うようにしています。

シンプルで主張しすぎないデザイン

2014年に一新された無印良品のキッチン家電は、機能もデザインもシンプルなのが特徴です。

白と黒のコントラストは主張しすぎないちょうど良い存在感です。

2015070830

電子レンジやオーブンレンジとデザインを合わせているので、揃えると統一感があります。

2015070902

操作は簡単で、左側のダイヤルは火力切り替え、右側のダイヤルはタイマーです。

2015070834

背面も白く塗られているので、後ろからも見えるような場所に置いても大丈夫です。

2015070835

幅は小さいですが奥行きは17cmほどあります。

2015070832

餅や網目よりも細かいものを焼くのに使用するプレート。

2015070833

焼いているところ。

ヒーターが近いので従来よりも早く焼けます。

2015070848

製品は小泉成器のOEMです。

2015070849

ベースは同社の「KOS-1014/C」というモデルですが、こちらはレトロなデザインですね。

2015070850

KOIZUMI 「KOS-1014/C」

まとめ

デザイン優先で購入しましたが、機能も十分ですし省スペースなので常設しても気になりません。

ただし、これ1台で全てをこなすことはできないので、横型と使い分けは必要になりました。

良い点

・省スペースなのでレイアウトの自由度が高い

・他の無印良品家電と統一されたデザイン

・必要十分な加熱能力

注意したい点

・横型と比べると庫内が狭いので、大きいものは入らない

・ヒーターとの距離が近く、時間を短めにしないと焦げやすい

デザイン家電はインテリアの一部にもなるので、見るのも使うのも楽しくなりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。