TOMICA No.86 TOYOTA・86

スポンサーリンク

トヨタとスバルの共同開発車であるスポーツカー「86」

トミカでは2012年に発売され一度絶版となりましたが、2016年8月にマイナーチェンジ後の仕様にリファインされて再販となりました。

トヨタ・86

チューニングベースとして根強い支持のある「AE86型」カローラレビン・スプリンタートレノ(通称:ハチロク)

車名の由来ともなった86ですが、現代版の86は300万円前後がプライスゾーンとなり、若年層向けのとしてのイメージは薄いです。

2016092529

画像:toyota.jp

トミカの86は前モデルと同様に良くできています。

バンパーやトランクスポイラーの形状変更やルーフアンテナの追加など、細かい部分が変更されています。

2016092511

テールライトやトランクスポイラーは塗装済み。

2016092512

こちらは2012年発売の初期モデル。

マイナーチェンジ後と比べるとフロントのデザインは大人しい感じがします。

2016092513

2016092514

トミカ・86を改造

今回は2台とも改造をしました。

マイナーチェンジ後モデル。

2016092515

2016092516

テールライトは標準状態を活かして塗装の修正のみ。

2016092518

2016092517

内装はレッド&ブラック仕様に。

2016092519

2016092520

こちらは初期モデル。

2016092521

リアはBRZと同様に仕上げています。

2016092522

こちらもシートはブラック&レッドに。

初期モデルの方が派手です。

2016092523

2台並べて。

デザインは共通ですが、バンパーのデザインにより大きく印象が異なります。

2016092524

リアはテールライトやトランクスポイラー形状が違います。

2016092525

タミヤの情景シートを使ってカタログ風に。

2016092526

86とBRZを並べて。

3台作りましたが、それぞれの違いがデザインでしっかりと再現されているのが分かります。

2016092527

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。