NEC モバイル・ルータ「Aterm MR04LN」

スポンサーリンク

モバイル・ルータの定番、NECの「Aterm」シリーズ。

自宅での据え置き使用をメインとして新たに設置をしました。

専用クレードルとのセット

購入したのは「Aterm MR04LN」

型落ちですが、格安SIM運用であれば実用上は問題ないです。

単体購入よりも、Amazon限定のSIMカードセット品のほうが安く購入できます。

付属品一式。

必要なものはパッケージに全て同梱されています。

Aterm MR04LNからデュアルSIMに対応していますので、2種類の異なるSIMを切り替えて使用できます。

※MR04LNのSIMカードサイズはmicro-SIMです。

背面カバーはドット柄。

クレードルに設置した状態。

側面のmicro-USBに合せて差し込みます。

SIMカード契約~設定

セット品にはOCNのSIMカードが同梱されているので、手続き直後に使用できます。

(手持ちに他のSIMカードがあれば、必ずしも契約する必要はありません)

WEBより申し込み。

項目に沿って入力していくだけなので、特に難しくはありません。

OCNのSIMは15GB/月(500kbps)に加入していましたが、データ増量キャンペーン中でしたので前月に解約し再加入をしました。

SIMカードをセット。

APNを設定すると、直ぐに通信ができます。

※製品型式に「3B」が付いているのは、主要APNリストが端末に登録されていません。

SIMカードに付属している接続情報を見ながら、自身で直接入力して設定する必要があります。(特に複雑ではありませんが)

インターフェースはMR03LNよりも洗練された印象。

MR03LN

データの使用状況が直ぐに把握できるのが便利です。

MR04LN

SIMの切り替えは再起動を伴うので40~50秒ほどかかります。

MR05LNからはnano-SIMとなっていますが、やはりスマートフォンで標準となっているnano-SIMが使えると何かと便利です。

変換アダプタの使用については自己責任となり保証対象外となります…が、一応試してみました。

他機種で使用中のアダプタですが、普通に使えました。

スロットのクリアランスに余裕があるようで、シールの厚みが増えても割とスムーズに入ります。

精度の良いアダプタなら…ですが、やはり規格通りのmicro-SIMを使うのが安全かと。

クレードルに設置。

リビングに置いています。

まとめ

Atermのモバイル・ルータは専用クレードルを使用すると、据え置き用として使用できる点が便利で、自宅ではPCやタブレット、スマートフォンに使用しながら、外出時は簡単に持ち出すことができます。

低価格で運用できますし、固定回線のように設置工事が不要なのもメリットです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。