ASUS「ZenFone MAX Pro M2」ケース&フィルム レビュー

「ZenFone MAX Pro M2」には純正ケースが付属しています。

フィッティングは問題ないのですが、背面の密着跡(ウォーターマーク)が気になるので代わりのケースを装着することにしました。

Spigenのラギッドアーマー風デザイン

iPhoneと比べると種類が少ないAndroidスマートフォンのケース。

ZenFoneはその中でもさらに種類が少なく、店頭ではほとんど販売されていません。

ネットショップでデザインの良さそうなものを購入。

デザインはSpigenの「ラギッドアーマー」に似せたデザイン。

全体はヘアライン仕上げで、上下にカーボン調のアクセントがあります。

マット仕上げなので持った感触はサラサラしていて滑りにくいです。

内側も本家の「それっぽい」デザイン。

材質はTPUなので柔らいです。

フレーム周辺にバリ残りが少し残っていましたので、デザインナイフで削りました。

ボタンもカバーされています。

ZenFoneに装着

実際に装着してみると、全体の雰囲気は意外と良い印象。

フィッティングも良好で外れることはありません。

ボタンは凸形状なので押しやすいです。

上下の穴位置も正確。

開口部は広く、手持ちのケーブルでは干渉しませんでした。

カメラ・指紋センサーの穴位置も良好。

フチは光沢仕上げでアクセントになっています。

指紋センサーの穴はすり鉢状で楕円になっているので、持った時に指が自然にフィットします。

ヘアラインもキレイに仕上げられています。

フチは画面からは1mm程度高くなっているので、下向きに置いても大丈夫です。

ラスタバナナ専用フィルム

画面保護フィルムはラスタバナナ製にしました。

充電ケーブルを使ってフィルムを固定するので、位置合わせが簡単です。

カメラレンズ用のフィルムが付属しています。

フィルムの台紙に端子の穴が開いているので、そこに通して本体と挟むようにフィルムを固定します。

下側が固定されるので、上部の位置合わせが簡単です。

上部を貼ったら、ケーブルを外して下部を貼ります。

まとめ

フチにバリ残りが少しありましたが、全体的な質感は良好です。

特に背面のデザインはカッコ良いです。

フィルムは位置決めが簡単なので、何度も貼り直す必要がなくなります。

ノッチ部の形状やサイズもピッタリでした。

スポンサーリンク