Amazon Fireタブレットを車載

AmazonのFireタブレットを車載しました。

既にナビゲーション接続の9インチ・リアモニターを設置していますが、プライムビデオを利用するためタブレットホルダーを追加設置します。

タブレット用ホルダーを装着

タブレットレット用ホルダーは以前に購入した「リヒター社:HEADREST TABLET KIT」を使用。

剛性が高く大型のタブレットでもしっかりとホールドしてくれます。

関連記事:ドイツ製「ヘッドレスト用タブレットホルダー」

関連記事:「ヘッドレスト用タブレットホルダー」を取り付け

2015080831

固定はヘッドレストのシャフトに挟んで締めつけるだけ。

必要なときだけ装着することも容易ですし、ホルダーもワンタッチで着脱可能なので未使用時はグローブボックスにも収納できます。

ホルダーの固定範囲は非常に広く、Fire HD10やiPadなどの10インチ級サイズのタブレットでも余裕です。

Fire HD8とfire 7との比較

無線化で簡単接続

カーオーディオにBluetoothがあれば音声をスピーカーから出力できます。

内蔵バッテリー&Bluetoothで完全無線化が可能。

助手席側に9インチモニターを装着しているので運転席側に装着。

一応ツインモニター仕様なので、ヘッドフォンを使えば個別に楽しめます。

バッテリーは公称12時間と長時間再生できますが、充電ケーブルを延長すれば充電しながら使えます。

関連記事:充電・音声ケーブルを配線してタブレットホルダーを使いやすく

2015081402

まとめ

Amazonのプライムビデオは子供向けのアニメや特撮が充実しているので、長距離移動の際はFireタブレットが便利です。

Fire7だと小さいので、Fire HD8かFire HD10がおすすめです。

また、事前に端末にダウンロードしておけるので、DVDをレンタルする必要も無くなりました。

ホルダーは簡単に着脱可能で本体とアームも分離できるので、未使用時はグローブボックスに入れておけます。

スポンサーリンク