TOMICA No.76 Honda シビック タイプR

2016年7月の新車は「シビック TYPE R(FK2型)」

トミカではFD2型(MUGEN RR)、FN2型に続くラインナップです。

ホンダ・シビック TYPE R

1997年に初代(EK9型)が発売されてから4代目となる「シビック TYPE R(FK2型)」

生産はイギリスとなり、日本にはチャンピオンシップホワイトとクリスタルブラックパールの2色が合計750台で限定発売されました。

2016080826

画像:honda.co.jp

トミカ版シビック TYPE Rは1/64スケールとやや小振りですが、実車のシャープなデザインを再現しています。

レギュラーモデルのボディカラーはホワイト。(初回特別仕様はブラック)

2016080807

残念なことに塗装に関しては個体差が大きく、特にフロントは塗り分けが複雑なこともあり、ズレやはみ出しが多いです。

塗装状態の良いものを選ぶなら、中身が見えるブリスターパックのほうが良いでしょう。

2016080808

ボンネットは開閉可能となっていますが、ボディラインと合わず後方が少し浮いた状態になってしまいます。

2016080811

リアも造形は良いのですが、フロントと同様に塗装の状態は個体差が大きいです。

2016080810

トミカ・シビック TYPE Rを改造

塗装の修正を含めて細部を改造しました。

2016081522

フロントは塗装の修正を中心に、ヘッドライトのデカール追加とフォグライトの塗装。

2016081524

開ける事は無いのですが、エンジンルームも一応塗装しておきました。

2016081523

リアもフロントと同様に塗装修正と細部の塗り分けを実施。

ツイン・デュアルマフラーは迫力があります。

2016080822

ホイールは塗装済みのワイドタイプで実車に近い配色。

2016081526

内装は全体をつや消しブラック、フロントシートを塗装。

2016081525

塗装の個体差が大きいのが難点ですが、エムブレムがしっかり再現されているので細部塗装をすれば良くなります。

ブリスターパックなら個体の状態が確認できます。

2016081522

スポンサーリンク