旧車カタログ トヨタ・スープラ(A70型)

コレクションから、トヨタ・スープラ(A70型)のカタログ(1986年発行・前期)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

TOYOTA 2000GTを受け継ぐ想いを込めてネーミングされた「TOYOTA 3000GT SUPRA(スープラ)」

先代のA60型セリカXXの北米仕様名であった「セリカ・スープラ」が、A70型ではトヨタのフラッグシップ・スポーツカーとして独立車名になりました。

エクステリア

ショートホイールベース&ワイドトレッドのスポーツカー然としたデザイン。

低いボンネットとリトラクタブル・ヘッドライトのフラッシュサーフェス(面一化)により空気抵抗を低減。

大きなグラスエリアを備えるリヤハッチ。

GT(グランドツーリング)カーとしての卓越した走行性能。

フラッシュ・サーフェスの徹底追及により、CD値は当時として高水準の0.32を達成。

インテリア

初期はワインレッド基調のインテリア。

中央のスポーツシートは圧倒的な存在があります。

デジタルメーターは当時の先進技術を象徴する装備で美しいイルミネーションがドライブを盛り上げてくれます。

アナログメーター仕様はスポーティな6連タイプ。

当時の主流はラジオ・カセットプレーヤーでしたが、最先端のCDプレーヤーもオプション設定。

メカニズム

搭載されるエンジンは直列6気筒の7M系と1G系の2タイプ。

フラッグシップの7M-GTEUエンジンは見開き説明があります。

エンジンバリエーションは4タイプ。

3000㏄ターボ、2000㏄ツインターボ、2000㏄ツインカム、2000㏄シングルカム。

サスペンションはダブルウィッシュボーン式を採用。

組み合わせられるTEMS・ESC(現在のABS)などの電子制御技術は、1980年代以降大きく進化しました。

ラインナップ

メイングレードは2モデルで「3.0 GT ターボ」と「2.0 GT ツインターボ」

NAエンジン仕様は3タイプで「G」と「S」は装備違いの廉価モデル。

主要装備・諸元一覧

スポンサーリンク