旧車カタログ スズキ・ワゴンRワイド

コレクションから、スズキ・ワゴンRワイド(MA61S/MB61S型)のカタログ(1998年発行)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

ワゴンRワイドは軽自動車・ワゴンRの使い勝手はそのままに小型車版として1997年に発売。

1000㏄エンジンとサイズ拡大で余裕を持たせたモデルで、「ソリオ」の前身となるモデル。

ワゴンRワイドの販売期間は1997年~1999年と短命で、後継はワゴンR+(プラス)です。

モデル変遷は、ワゴンRワイド → ワゴンR+(プラス) → ワゴンRソリオ → ソリオ となります。

多くの部品をワゴンRと共用しながらも、専用前後大型バンパー、オーバーフェンダー、ドアモール等で小型車であることを強調。

ターボモデル「XZ」は、デュアルテールマフラー、サイドスカート・ルーフスポイラーを標準装備。

ワゴンRよりも幅方向の余裕が大きく増した室内。

長さ方向は軽自動車に近いため街中での取り回しが容易。

助手席のシートアンダーボックスやフラットなラゲッジスペースなど、ワゴンRの優れた長所は引き継がれています。

エンジンは新開発の「K10A」を採用。

ターボモデルはリッター100馬力のハイパワー仕様。

エアバッグ・ABSはオプション設定。

ターボエンジン(XZ)1モデル、NAエンジン(XL・XM・XE)3モデルのラインナップ。

最廉価のXEは2WD・5MT・エアコンレスで75.8万円のプライス。

純正アクセサリー

主要装備一覧

主要諸元一覧

特装車 ワゴンRワイド・スペシャル

XZをベースに専用エアロパーツを装備した特装車。

専用装備は当時、特装車架装業務を行っていた「ベルアート」が担当。

スポンサーリンク