旧車カタログ ホンダ・インサイト

旧車カタログ

コレクションから、ホンダ・インサイト(ZE1型)のカタログ(2000年発行)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

 

1999年に発売された初代インサイト。

既に量産ハイブリッド車として1997年にトヨタがプリウスを市販していました。

4ドアセダンのプリウスに対して、ホンダは「パーソナルハイブリッド」をコンセプトとして2シータークーペで発売。

 

世界最高水準の低燃費を目指して開発されたインサイトは独創のハイブリッドシステム「IMA」や優れた空力性能により、ガソリンエンジンの量産車としては当時世界最高の燃費35km/Ⅼ(10・15モード燃費)をマーク。

 

徹底した空力性能のためリヤタイヤを覆うリヤホイールスカートを装着。

 

流麗なクーペスタイル。

 

軽量化のため車体はNSXと同じアルミボディを採用。

 

リヤに向って絞り込まれたデザインは空力性能も兼ねています。

 

スポーティな造形のインストルメントパネル。

ステアリング周辺には各種スイッチが機能的に配置されています。

 

後方にバッテリーを積んでるため浅いですがラゲッジスペースも確保されています。

 

ヘッドレスト一体型のシートはボディカラーに合わせたシート表皮を採用。

 

バッテリーがスペースを多く占有しているのが分かります。

 

ホンダの初期ハイブリッド車に多く採用された「IMA:Integrated Motor Assist System」

ホンダらしくエンジンを主として、モーターはアシストに徹するシステムでした。

 

トランスミッションはCVT(ホンダマルチマチックS)と5MTを設定。

 

ガソリンエンジンは1000㏄のリーンバーンタイプ。

 

衝突安全ボディ・デュアルエアバッグ・ABSと他モデルと同じ安全水準。

 

空力性能は0.25と世界最高水準のCd値を達成。

 

主要諸元・装備一覧

 

タイトルとURLをコピーしました