旧車カタログ ホンダ・レジェンド(セダン&クーペ)

旧車カタログ

コレクションから、ホンダ・レジェンド(セダン&クーペ:KA7/KA8型)のカタログ(1992年発行)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

 

2代目レジェンドは世界最高水準の安全性能を目指して開発され、国産車初となる助手席エアバッグ装着車を設定。

キャッチコピーは「スーパーレジェンド」

 

CMキャラクターはハリソン・フォードさん。

 

初代に続いてセダンとクーペの2タイプのボディを設定。

 

インスパイアと同様の水平基調デザイン。

 

全長:4,910mm(クーペ4,880mm)、全幅:1,810mmの堂々としたボディサイズ。

 

テールライトに初代レジェンドクーペの面影が残るリヤスタイル。

 

搭載されるエンジンは3200㏄のC32A型で、インスパイアと同じ縦置き(FFミッドシップレイアウト)することでFF車として理想的な前後重量配分60:40を実現。

 

エアバッグは運転席が全車標準装備となり、国産車では初めて助手席も装着車を設定。

 

レジェンド伝統となる天童木工製のインテリアパネル。(初代~4代目まで採用)

 

オーディオシステムはレジェンド専用の「ピュアサウンドシステム」をオプション設定。

ホームオーディオの名門LUXMANによる専用チューニングされたシステムは3代目も引き継がれています。(4代目はBOSE)

 

ナビゲーションは自律航法を備えたGPSタイプをオプション設定。(当時の価格表では+60万円)

 

独自装備としてはクーペに「アクティブドアロック」を設定。(いわゆるイージークロージャー)

ドアを閉めるとモーターによってアンカーが移動してドアを引き込む仕組みです。

 

「α-Touring」シリーズ

1992年にはαをベースに走行性能を高めた「α-Touring」が新設定されました。

エクステリアでは専用フロントグリル・ホイールを装備。

 

メカニズムではエンジンは標準のC32A型の出力を高め(215馬力→235馬力)「TYPE-Ⅱ」としています。

足回りは専用ダンパー、ブレーキ2ポット化(ノーマルは1ポット)

 

ブラックの専用シート表皮とガングリップタイプのシフトノブでスポーティな仕上がり。

 

ラインナップはセダン・4タイプ、クーペ・2タイプ。

最廉価「βⅡ」

 

ベースモデル「β」

βⅡよりも装備を充実させたモデル。

 

上級モデル「α」

 

セダンのスポーツモデル「α-Touring」

 

クーペのベースモデル「β」

 

クーペのスポーツモデル「α-Touring」

 

主要装備一覧

 

ボディカラー・内装設定

 

主要諸元一覧

 

タイトルとURLをコピーしました