旧車カタログ スズキ・セルボモード

コレクションから、スズキ・セルボモード(CN22S/CP22S型)のカタログ(1993年発行)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

セルボモードは1990年の3代目フルモデルチェンジで登場。

先代までのスペシャリティ路線から一転して2ボックスタイプに変更。

新たに「モード」のサブネームが付きました。

イメージモデルは織田裕二さん。

アルトの上位モデルとして、デザイン・質感が高められています。

直線基調のアルトに対してセルボモードは曲線基調のデザイン。

インテリアデザインやフルトリムによる高い質感。

運転席のシートサイズを助手席よりも大きくすることでパーソナルカーとしての快適性を高めています。

主要グレードにはエアコン・パワーステアリング・パワーウインドウを標準装備。

アルト・レジーナと同じくコラムシフト仕様(MCタイプ)も設定。

安全装備は当時の軽自動車として平均水準。

その他装備一覧。

搭載のエンジンはF6A型で、EPI(電子制御燃料噴射式)とキャブレター式の2タイプ。

トランスミッションは5MTと3AT。

SRシリーズ

アルトワークスと同様にセルボモードにもスポーツタイプの「SR」を設定。

専用エクステリアとバケットタイプシート。

アルトワークスとの最大の違いとして「SR-FOUR」には、スズキ軽エンジン唯一の4気筒ターボ(F6B)を設定していました。

3ドア ラインナップ

5ドア・SRシリーズ ラインナップ

主要諸元・装備一覧

特別仕様車

生活雑貨「ロフト」とのコラボモデル。

新卒者向けの「Fリミテッド」

スポンサーリンク