N-WGN 純正インテリアパネルの取り付け

スポンサーリンク

N-WGNのインテリアパネルを交換・取り付けしました。

カスタムGタイプはベースグレードということもあり内装がチープです。そこで上級グレードのインテリアパネルを取り付けて車内の雰囲気を変えました。

ピアノブラック化&純正流用

オーディオパネルとセンターパネルのピアノブラック化しました。

オーディオパネルとメーターパネルは上級グレード品を流用、センターパネルは塗装をしました。

また、運転席と助手席、各ドアのインテリアパネルは純正品を流用しています。

2015070326

センターパネル

標準のシルバー品をピアノブラック塗装しました。

関連記事:ピアノブラック塗装

オーディオパネル(77251-T6G-J01ZA 3,450円)

メーターパネル(77220-T6G-N11ZA 5,200円)

こちらは上級グレードの標準品を交換しました。

2015070327

インテリアパネル一式

インストルメントパネル用

・運転席側(77220-T6G-N01ZA 2,600円)

2015070602

・助手席側(77225-T6G-N01ZA 4,000円)

2015070601

フロントドア

・右側(83506-T6G-N21ZA 3,900円)

・左側(83556-T6G-N21ZA 3,900円)

2015070604

リアドア

・右側(83706-T6G-N21ZA 2,900円)

・左側(83756-T6G-N21ZA 2,900円)

2015070603

タッピングスクリュー(90132-SS0-000 80円)

※フロント・リアドアへの取り付けでは合計20個必要です。

2015070339

インテリアパネルの取り付け

ドアライニング

ドアライニングの内側には取り付け用のガイドがありますので、それに沿って穴を開けていきます。(写真はリアドアライニング)

2015070328

薄いプラスチックへの穴あけなら安い電動ドリルでも十分です。

2015070340

丸穴はドリルの後、リーマーを使用すると穴径の微調整が簡単です。

2015070331

横長の穴は最初に細いドリルを使い枠に沿って開けていきます。

2015070329

その後カッターとヤスリで大きさを整えます。

2015070330

穴を開けた状態です。

2015070332

インテリアパネルを取り付けてタッピングスクリューで固定します。

2015070333

インテリアパネル(運転席側)

内装外しを使用してエアコンダクトのカバーを浮かせます。

2015070336

メーターカバーを少し浮かせてエアコンダクトを外します。

2015070337

インテリアパネルを交換します。

2015070338

インテリアパネル(助手席側)

運転席側と同様にエアコンダクトを切り掛け部分から外します。

2015070334

インテリアパネルを交換します。

2015070335

まとめ

Nシリーズは多くの部品が共通化されているので流用もいろいろと可能です。また、単品購入して自分で塗装するものオリジナリティが出せます。

余談ですがインテリアパネルはアクセサリーで購入するよりも、保守部品で購入したほうが5,400円も安いです。

(インストルメントパネル用オプション…12,000円 単品購入(左右)…6,600円 ※品物は同じです)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。