1ヵ月に1回はタイヤの空気圧チェックを

重要なタイヤの空気圧チェック。

一般的にタイヤが地面と接している面積は、一本あたりハガキ程度と言われています。この小さな面積でクルマを走らせたり止めたりするので、空気圧やタイヤの状態はとても重要です。

空気圧が適正でないと、操縦性や燃費の悪化、タイヤの寿命が短くなったり、最悪は事故につながる事もあります。

JAFのロードサービスのデータ(平成26年度)によると、タイヤのトラブルは年間33万件以上もあるそうな。1日あたり900件以上もトラブルが起きていることになります。

空気圧はスタンドやタイヤショップ、カー用品店などでもチェックしてくれますし、家庭でもエアゲージとコンプレッサーを用意すれば簡単にチェックができます。

定期的なチェックが大切

普段の空気圧チェックは1ヶ月に1回で大丈夫ですが、高速道路を走る場合は事前にチェックするようにしています。

コンプレッサーは、アクセサリーソケットで使える簡易的なものを使っています。音は少々ウルサイですが、乗用車ならこれで十分です。

今まではコンプレッサー内蔵のエアゲージで測定していましたが、精度がどの程度か不安でしたので、新たにエーモンの「エアゲージ(ピットブラック)」を購入しました。

2015090538

ゲージの周囲にゴムカバーが付いているので、落としても衝撃を吸収してくれます。

2015090531

特徴は

・エアー調整(減圧)機能

・測定値保持機能

・先端が360°回転

と、手頃ながら使いやすいエアゲージです。

2015090530

裏側には旧表示の「kgf/cm2」と現在使用されている国際単位系(SI)表示の「kPa」の一覧があります。

2015090532

使ってみて

測定してみました。

先端が回転するので、バルブの位置に関係なくゲージが正面を向くため測定が楽です。

2015090534

測定値を保持してくれるので、バルブから離して確認ができます。

2015090536

側面のエアー調整(減圧)ボタンを押すと保持した測定値がリセットされます。

また測定時は空気を出して減圧するのにも使います。

2015090535

コンプレッサー内蔵のゲージと比較してみました。

ゲージが190kPaの状態で測定してみると、コンプレッサー内蔵ゲージは約180kPaでした。

2015090541

ホンダ純正(車載用)コンプレッサーは190kPaでした。

2015090542

ゲージには±10kPaの誤差があるので、思ったよりも正確でした。

少し多めに入れて、減圧して調整するのが良いです。

数値確認の重要性

空気圧の変化で、タイヤの外観はどのようになるのでしょうか。

100kPaまで落としたものと、230kPaを比較してみました。

2015090537

空気圧が半分以下にもかかわらず、タイヤの潰れ方は僅かです。

155/65R14のタイヤサイズでも、この程度しか変化しません。偏平タイヤになるとさらに変化が小さく目視で判断することは不可能です。こうしたことから数値確認は大切です。

また、4月のタイヤ交換で230kPaに調整した空気圧は、8月に測定したら約190kPaまで落ちていました。(走行距離:1300km/月)

状況で変化はしますが、やはり1ヶ月に1度のチェックは必要です。

まとめ

空気圧を管理することは大切なことですし、トラブルを未然に防止することにもなります。最近は応急タイヤ(スペアタイヤ)レスのクルマが増えていますが、積んでいる場合はこれもチェックが必要です。

ゲージやコンプレッサーの種類はピンキリですが、月に一度のチェック程度であれば高価なものでなくても十分使えます。

私は洗車の際にチェックしていますが、何かのついでにやることを決めておくと忘れにくいです。

スポンサーリンク