S660 MTシフトノブ交換(シフトブーツカラー自作)

S660・βのウレタンシフトノブからチタンシフトノブに交換しました。

シフトノブの取り外し

交換するのはホンダ純正のチタンシフトノブ(タイプR用・シフトパターン無し)で、知人から譲っていただきました。

ホンダ車の場合は10φ×1.5ピッチが基本となるのでS660にも装着が可能です。

奥側のトレイを引き上げたら、シフトブーツを固定しているべゼルを外していきます。

全てツメで固定されいます。

シフトノブとシフトブーツが一体で固定されているので、一緒に回転させて取り外します。

ネジ部は10φ、シャフト部は12φです。

シフトブーツカラーの製作

βの場合、シフトブーツをシャフトに固定するカラーが必要となるので、椅子の脚用キャップを使って自作しました。

ちょうど上下の鍔形状がシフトブーツの固定に適しています。

中央に11mmほどの穴を開けます。

最後に口元を耐水ペーパーで仕上げました。

黒色への塗装は以前にソフトパッド塗装で使用した「染めQ」を使いました。

完成した状態。

染めQだと塗料が密着するので剥げてきません。

裏返してシフトブーツに固定します。

この状態だとシフトノブの根元までシフトブーツを上げると布が張りすぎてしまいます。

逆に適当な位置まで下げるとシャフトが一部露出します。

あとは好みの問題ですが、シャフトを隠したいのでもう一細工しました。

下側を一部カット。

ウレタンシフトノブからカラーを取り外したらシフトブーツに固定し、内側に滑り止めでエプトシーラーを薄く貼ります。

組み合わせると外径がほぼ一致。

純正カラーの分だけ高くすることができました。

シフトパターンの貼り付け

チタンシフトノブ本体にはシフトパターンが無いため、法規上シフトパターンを取り付ける必要があります。

シールだと見栄えが良くなく剥がれやすいので、プレート品を取り付け。

S660は右下リバースタイプですが、他にも左上リバースタイプや5速タイプがあります。

プレス成型の立体文字とメッキ仕上げなので見た目も良く、小さいので何処にでも貼れます。

S660の狭いコンソールにもピッタリ。

まとめ

純正のカラーを流用した場合、シフノブの根元までブーツを上げても操作に影響はありません。

S660純正オプションの光沢仕上げよりも落ち着いた感じです。

スポンサーリンク