旧車カタログ トヨタ・セリカ

コレクションから、トヨタ・セリカ(ST18系)のカタログ(1989年発行・前期モデル)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

1989年にフルモデルチェンジした5代目セリカ。

曲面で構成された未来感覚ボディ「ニューエアロフォルム」に、アクティブサスペンションやデュアルモード4WSの先進装備を採用。

CMキャラクターはエディ・マーフィーさん。

エクステリア

メイングレード「GT-R」

先代が直線基調であったのに対して、5代目は曲線で構成された超個性的なデザインです。

ツインターボ+フルタイム4WD「GT-FOUR」

エントリーモデル「Z-R」

造形の拘りはボディだけでなくドアミラーにも。

インテリア

全タイプにスポーツシートを採用。

上位モデルの運転席には電動式ランバーサポート付の8ウェイアジャスト機構を装備。

インパネは空調スイッチをメータークラスターと一体型にして、ドライバーにオフセットさせています。

CD&カセットベースの10スピーカーオーディオシステム「セリカ・スーパーライブサウンドシステム」をオプション設定。

メカニズム

搭載されるエンジンは全て2000㏄。

GT-FOURに搭載される3S-GTE・ツインターボを頂点に、スポーツ・ツインカム、ハイメカ・ツインカムの3タイプ。

メカニズムでのトピックスは世界で先駆けて採用された「アクティブコントロールサスペンション」と「デュアルモード4WS」

300台の限定販売でベース車両(GT-R)に対して120万円アップの320万円でした。

ラインナップ

メインモデルの「GT-R」

後にコンバーチブル仕様も設定されました。

エントリーモデルの「Z-R」と「S-R」

S-Rは最廉価モデルのため、細かい装備が省かれています。

「GT-FOUR V」は「GT-FOUR 」の装備を簡略化したモデル。

「GT-FOUR RALLY(ラリー)」は競技用モデルとして、専用クロスレシオのトランスミッションを搭載。

主要装備・主要諸元一覧

初期のカタログには解説用リーフレットも付属していました。

スポンサーリンク