袋ナットをスピーカーのインシュレーターとして

スポンサーリンク

スピーカーの音質向上に効果的なのがインシュレーター。

既製品も多く販売されていますが、身近なものを代用することでも同等の効果が得られます。

インシュレーターとは

インシュレーターとは「絶縁物」の意味で、何かを挟み遮断をする物のことで、オーディオの分野では各機器から発する振動を干渉させないために使用されます。

スピーカーはそれ自体が振動を発生しているため、直接置くよりもインシュレーターを挟むことで、振動を抑制し他への影響を抑えることで音の解像度を向上してくれます。

材質は木・金属・ゴム、形状はブロック型やスパイク型など…で価格もピンキリ。

自作(代用)も多く、メジャーなのがブロックや10円硬貨、袋ナットなどです。

特に袋ナットは球面形状のため、スパイク型のように点で受けるのに近くなるのと、価格も安くホームセンターで数百円で購入できるメリットがあります。

ということで、お金を掛けずにM8の袋ナットとワッシャーを購入。

バラ売り品を購入したので、全部で300円ほどでした。

2016080206

置きかたは上下逆だったり、スペーサーを使わなかったり…と色々ですが、安定感のあるこの置き方で。

2016080203

グラつきの少ない3点支持。

2016080202

真横から見た状態。

2016080204

普通に見ると目立ちません。

2016080205

まとめ

インシュレーターを置くと音の輪郭がハッキリしたように感じます。

モヤっとしていた感じが取れたような感覚。

劇的な変化ではありませんが、聞き比べれば違いは感じ取れます。

ナットの置き方を逆にしたりスペーサーを取ったりと変えてみましたが、インシュレーターの有無ほどの違いは分かりませんでした。

材質や形状によっても変わるので、好みの音になるように試すのも楽しみの一つだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

記事に共感いただけたら、フォローしていただけると嬉しいです。