ステアリングホイールカバーのステッチ変更

以前に取り付けたステアリングホイールカバー「ステアリング・エクスチェンジ・キット」

ステッチが色褪せしてきたので、新しい糸で縫い直すことにしました。

購入時はオレンジステッチを選択

ステアリングホイールカバーのステッチ変更

標準状態のステッチは「ヨーロピアン・ステッチ」と呼ばれる、予め生地に縫ってある左右の糸を絡(から)げていく縫い方です。

今回の縫い直しではシンプルな「ベースボール・ステッチ」に変更します。

左右に糸が縫ってあります

「ベースボールステッチ」は「ジャパニーズステッチ」とも呼ばれている縫い方で、国産車で多く採用されている縫い方です。

ステップワゴンの純正ステアリング

補修用の糸はトリコローレさんのHPで単品購入が可能です。

トリコローレ楽天市場店HPより

ステアリングホイールカバーの縫い直し

カバーを外し、糸をすべて取ります。

糸が通っていた穴を再利用して、ベースボール・ステッチで縫い直していきます。

(縫い方は、YOUTUBE動画を参考にしました)

糸はシンプルなブラックに。

元の穴を流用しますので作業性は良いですが、一針ずつ縫っていくので時間は掛かります。

(バラシから縫い終わりまで4時間程かかりました。)

まとめ

ステッチの縫い方やカラーが変わると、印象も変わります。

ステアリングホイールカバー自体は、革の質が良いので20,000km走行時でも劣化はそれほどありません。

装着には時間と根気が必要ですが、時間をかけて丁寧に作業すると中々キレイに仕上がります。

スポンサーリンク