旧車カタログ 三菱・ランサー

コレクションから、三菱・ランサー(CB系)のカタログ(1995年発行・後期モデル)をご紹介します。

※記載内容は本カタログが基になっています。

4代目ランサーは1991年10月に発売。

プラットフォームはミラージュと共有化されつつも、プレーンなデザインの落ち着いた5ナンバーセダンに仕上がっています。

ランサーと言えばエボリューションモデル。

1993年よりWRCに投入された「エボリューション」は、このモデルでⅠ~Ⅲまで開発・生産されました。

上級モデルの1500㏄「MXサルーン」

スポーツモデル「GSR」

1800㏄ターボにリアスポイラー・レカロ社製シート・モモ社製ステアリング等を装備。

標準モデルの1500㏄「MXサルーンS」

インテリア

メーターフードから緩やかにラインが続くシンプルなインパネ。

質感は5ナンバーセダンクラスでは標準的な印象です。

メカニズム

エンジンは世界最小の1600㏄・V6エンジンをはじめ9タイプのエンジンを設定。

1モデルでここまで幅広くエンジンバリエーションがあるのも非常に珍しいです。

当時の標準的なメカニズムを搭載。

エアバッグ・ABSはオプション設定。

ラインナップ

エンジンバリエーションが多い分、ラインナップも多岐にわたります。

1600cc・V6エンジン搭載の最上級グレード「ロイヤル」

V6エンジン・高級シート表皮・充実装備から、小型高級車を目指した感じです。

ロイヤルの下位グレード「MXサルーン」

ランサーの主力として、V6・直4・ディーゼル × 2WD・4WDの豊富な組み合わせが選べましした。

MXサルーンの廉価モデル「MXサルーンS」

廉価モデルながらV6エンジンも設定されていました。

更に、MXサルーンの廉価モデルが「MX」

無塗装ドアミラー・ドアンハンドルやホイールキャップレスなど、見た目でも分かる差別化がされています。

MVVサルーンはリーンバーンエンジンを搭載したモデルでMXサルーンに近い装備です。

1600㏄・MIVEC(マイベック)エンジンを搭載した、NAエンジン搭載のスポーツモデル「MR」

1800㏄ターボエンジンを搭載したスポーツモデル「GSR」と「RS」は、エボリューションのベースにもなっています。

GSRは快適装備仕様ですが、RSは競技ベースとして軽量化のための快適装備レスに加えて、交換前提のシートやホイールが装着されたスパルタン仕様です。

主要装備一覧

よく見ると、カタログには説明が一切無いグレード「T」が存在しています。

受注生産車扱いで当時の車両本体価格は86万円でした。

低価格ではありますが快適装備は一切装備されず、トランスミッションも4MT/3ATにグレードダウンしています。

どのような需要に対するものかは不明ですが、モデル末期まで設定されていたようです。

主要諸元表

カラーバリエーション一覧

スポンサーリンク