Google Pixel ケースいろいろ

Pixelはandroidスマートフォンの中では比較的ケースの種類がありますが、個人的にデザインの良いと思うものをご紹介します。

Google純正 ファブリックケース

Pixel純正ケースはファブリック仕様。

他とは一線を画すデザイン・質感は純正ならでは。

ハードケースにファブリックを貼り付ける構造上、上下の縁は完全に覆えないのがネック。

一回り大きくなりますが、厚みが増すことで持ちやすくはなります。

画面よりも縁が高くなるので、下向きに置いても大丈夫です。

内部には傷防止のフェルトが貼られており、ファブリックの内側への巻き込み仕上げも非常に丁寧です。

Caseology ケース

「Caseology:ケースオロジー」はスタイリッシュで堅牢なケースを作るアメリカのブランド。

写真は「Parallax:パララックス」で、ハニカムパターンが特徴のケースです。

縁を完全に覆うので落下による傷防止も十分です。

立体的なハニカムデザインはかなり個性的。

背面は2mmの厚みがあります。

指紋認証部はすり鉢状になっているので、格段にタッチしやすくなります。

外周のバンパーは硬いポリカーボネート製で背面はソフトなTPUを組み合わせています。

ケース単体の重量は約35gとやや重めですが、軽い端末ならあまり気にならないです。

X-level ケース

素材にTPUを使用した薄型・軽量のケース。

TPUのクリアケースは黄ばみが目立ってしまいますが、これは塗装品なので黄ばみの心配がありません。

落ち着いたワインレッドが珍しいです。

端末のデザインを損なわないスリムなケース。

背面も至ってシンプル。

右下にロゴが入っているのですが、印刷が薄いのでほとんど目立ちません。

表面はサラサラした感触なので、TPUのゴムっぽさは一切感じません。

各部の位置も正確です。

ケースの厚みは0.8mmと非常に薄いです。

スポンサーリンク